最近良く見かけるIoTって何だ?….ワカラナイヨ(ToT

10/3「CEATEC(シーテック)ジャパン2017」が開幕された

デジタル家電やインターネット関連製品の見本市

今回は生活家電から、よりIT関連の製品が多く

初参加のLIXILはスマホで家の外をモニター監視したり、門の開閉を行う「スマートホーム」を展示

宅配BOXに通販で買った荷物が届いたらスマホにお知らせする機能なども

・・・ところで、LIXIL(リクシル)と言えば

・・・を思いだすんだけど、同じ会社なのかな

と、今はそんな事よりIoT

で、今まで「シーテックジャパン」は大型家電見本市という色合いが強かったが、近年はインターネット関連製品つまりインターネットを利用した製品の展示会といった方向になってきているらしい

そういった製品・サービスをIoTと呼ぶ

Internet of Things」の略なのだ

インターネットを利用した製品・サービス・モノはすべてIoTという事に

間違っても ToT じゃない

時代について行けないからって泣いちゃダメ

そしてそういったIoTのモノたちはすでに身近に存在する

たとえばこれ

スマホでおもちゃを動かせる電池型IoT Bluetooth MaBeee(マビー) 

単三電池で動くおもちゃが電源ON/OFFだけだったものが、ON/OFFはもちろんゆっくりや早くなどスマホで操作可能に!

ライトなのも暗くや明るくといった調光も!

音声操作モードもあり、声の大きさで操作も出来る

ミニ四駆用アプリがヤバ過ぎる

これなら「行っけぇぇ!」と言っても違和感ない

こっちはトレイン版

大人でもやってみたい・・・

単三電池型のデバイスのケースに単四電池を入れて、電池ボックスに入れて使用します

100均などで「単三電池が使える単一電池ケース」とか買えば、いろんな乾電池製品に使えそうですね

eRemote イーリモート スマートホーム

これ1台で家中の家電のリモコンをスマホに変える!

外出先でも照明やエアコンを手元で操作

もう、夜暗くて寒い部屋に帰る事がなくなります

様々なシーンで活躍!

Qrio Smart Lock + Hub セット

工事不要!

ドアのサムターンに取り付けるだけ

スマホアプリでロックの開錠・施錠が出来る

また、アプリからの管理で鍵のシェアも可能

合鍵を作る必要もありません

もちろん削除して無効にするのもリアルタイムで

Qrio Smart Lock Hubを使えば外出先でも開錠・施錠可能

鍵のかけ忘れの心配がありません

マップステーション

リアルタイムGPS発信機

現在位置情報などスマホでGooglemapやストリートビューで監視

通信会社との契約不要ですぐ使えます

W69xD48xH18mm 60g

強力マグネット付きで車のバンパー下にも装着可能

小さくて軽いのでどこにでも設置可能

スマホによる一括管理

詳細データで調べる!残せる!

・無料使用期間は本製品購入後1年間となります。
・サービス期間終了後、継続してご使用をご希望の場合、1年が経過する前にログインIDをご提示の上、メーカーまでご連絡下さい(取扱説明書に記載)。
・ご購入から1年が経過した後、継続してご使用になられる場合、別途費用が発生します。金額は下記のとおりです。

インターネットを利用したモノはこれからもいろいろな製品やサービスで増えていくでしょう

各製品はセキュリティにも注力していますが、使う側にも注意が必要です

すべてが簡単便利になれば良いとういだけではないのかもしれません

必要に応じた使い方でIoT製品を取り入れていきましょう

スポンサーリンク

検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

検索
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。