会社経営者のマンションから十数億円相当盗難、防犯カメラに4人の不審人物

マンションの住人が留守中に窃盗された事件

現場付近の防犯カメラに4人の不審人物が写っていたとのことです

 

 東京都目黒区にある高級マンションの会社経営者宅からダイヤモンドなど十数億円相当が盗まれた事件で、現場付近の防犯カメラに不審な4人の姿が写っていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。

住人は当時、旅行中で留守だったことも判明。4人が被害者の予定を把握して事件を起こした可能性があるとみて、警視庁がカメラ画像の解析を進めるなどして捜査している。

捜査関係者によると、20日午前、目黒区上目黒のマンションの関係者から110番があった。玄関ドアが工具のようなものでこじ開けられており、住人と警察官が室内を確認したところ、ダイヤモンドや貴金属類が盗まれていた。

産経新聞

 


ANN

マンションの住人が19日に外出先で一泊後、20日には盗難が発覚していることからその日に住人が不在となることを知っていた人間の犯行という可能性が高そうです

会社経営者ということからその会社の従業員、マンション関係者、知人などから住人が外泊することを知っていた者の犯行でしょうか

最近ではSNSで旅行することなど投稿する人もいるので、そこから情報を得た可能性もありますね

不審な人物4人が現場付近の防犯カメラに写っていたとのことで、事件と関連性があるものとみられています

 

ただ、高級マンションに住む会社経営者にも関わらず、玄関や室内に防犯カメラやセキュリティがなされていなかったのかが多少疑問に思うところです

マンションの一室に数十億円相当のダイヤモンドや貴金属を保管しているのに、その監視を疎かにして外泊というのは一般人からすると想像が難しいですね

 

マンション側でも出入り口に防犯カメラを設置してあれば、犯人の特定はさらに容易になっていたのではないでしょうか

誰でも「自分は大丈夫」と思いがちですが、万が一のために備えることは必要です

 

設置・維持費が無料の防犯カメラ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。